レビトラ通販・メーカー正規品のレビトラを最安値で購入する方法

レビトラ通販

あなたも簡単にレビトラのネット通販ができる

レビトラをクリニックや病院で処方してもらおうとすると、出掛ける手間がかかったり、自由診療の費用もかさんだり、なんだかんだ煩わしい。

しかしネット通販を利用することで、海外版のレビトラを簡単に、値段もお得に取り寄せることができます!

海外製といっても、成分は国内版と同じです。効果や使い方も同じ。以前、病院で処方された経験がある方なら、まったく問題なく安全に服用できます。

レビトラを買うなら医薬品専門の通販サイトで!

通販サイトとは、厳密には、個人輸入を代行しているサイトのことです。個人輸入とは、自分で使うことを目的に、商品を海外から取り寄せること。

海外製のレビトラを、処方せんなしで個人輸入しても問題ないのか?気になるところですが、結論から言ってしまえば適法(合法)です。ただし、個人輸入によるレビトラの購入が許されるのは、あなた自身が使うために取り寄せる場合に限ります。転売や譲渡を目的に購入することは違法行為です。(参考:レビトラ通販|薬の通販オンライン)

海外サイトとは言えAmazonや楽天と同じ

通販サイトでは、個人輸入に必要な手続きを、業者が代わりに行ってくれます。使い方は、国内の通販サイトと変わりません。

通販でレビトラを購入すれば、診察料や検査料はかかりません。値段も、病院で扱っているものよりも安価です。通販を利用してレビトラを購入すれば、EDの治療費を大幅に抑えることができます。

レビトラ通販のメリットは「いつでもどこでも注文・受取できる」「安い」

もし、日本で病院からレビトラを処方してもらうには、当然ながら、扱っている病院に行く必要があります。また、病院でレビトラを処方してもらう場合、薬代だけでなく、診察料や検査料もかかります。

通販でレビトラを購入すれば、診察にかかわる費用をまるまるカットできます。さらに、ネットが繋がりさえすれば、いつでもどこでも、スマホからでも注文が可能です。それこそ24時間365日、場所を気にせず注文できるので、隙間時間を有効に活用できます。

割引サービスや配送もおまかせ

まとめ買いをすると割安になったり、ポイント還元があるサイトも多いです。たまったポイントは次の買い物で使えるので、実用的なサービスとして利用できます。

自宅に配達してもえるのでラクですし、家族に知られたくないときなどは郵便局留めにすることができます。

病院での待ち時間や費用がなくなる分、負担が軽減するのが個人輸入代行の大きな魅力でしょう。

レビトラ通販のデメリットは「到着まで時間がかかる」「何かあっても自己責任」

医薬品は安全性が確認されてたうえで認可されますが、それでも副作用を感じる方はゼロではありません。

病院から処方された薬が原因で健康被害が起こった場合、医薬品副作用被害救済制度が適用されます。しかし、海外の薬となると日本の認可外となるので、この制度は適用されません。

ひとつひとつ医師が教えてくれるわけではない

レビトラは、きちんと説明通りの使い方をすれば、重い健康被害トラブルが起こることはそうそうありません。禁忌事項をよく確認し、用法、用量を守ることが重要です。

少しでも異変を感じたら、自己判断で処置せず、服用を中止して病院を受診しましょう。

偽物を販売する業者に注意する

通販でレビトラを買うもう1つのデメリットは、悪質サイトや偽造薬の存在です。通販サイトの中には、不自然に安い値段でレビトラを扱っているサイトがあります。そのようなサイトを利用すると、お金を騙し取られる可能性があるのです。

また、通販で流通している薬の中には、偽造薬が紛れている可能性があります。偽造薬には、有効成分が含まれていなかったり、治療に全く関係ない成分が入っていたりシます。体に害となる成分だった場合は、最悪死亡事故にもなりかねません。

厚生労働省委託の一般社団法人 偽造医薬品等情報センターが作成した「偽造医薬品に関して報告されているもの(※)」には、具体的な製品名をあげて、有害事象の発生事例や偽造医薬品の内容が紹介されています。個人輸入するさいのひとつの目安になるでしょう。

※一般社団法人 偽造医薬品等情報センター「偽造医薬品に関して報告されているもの – 医薬品等を海外から購入しようとされる方へ」より

これらの心配を減らすには、利用するサイトの口コミなどを見てみましょう。

レビトラを通販する場合、海外から送られてくるため配送には時間がかかります。そのため、時間の余裕をもって注文しましょう。

レビトラの購入先

レビトラの購入先を比較:病院は安全に治療できる、治療コストは高い

レビトラの購入方法は、病院にいって処方してもらうか、個人輸入代行を行っている通販を利用するかの2つです。安全に治療したいということならば、病院で処方してもらうのが一番です。

レビトラについて自身で調べる必要も

レビトラなどのED治療薬は、持病や体質、他の薬との飲み合わせによっては、命に関わる副作用が起こる危険があります。

個人輸入代行サービスだと、医師の指導がありません。自己判断で使うことで、思わぬ健康被害を被る可能性があります。病院では、専門の医師が患者を診察し、レビトラを飲んでも問題ないか診断してくれます。

費用が割高

病院でレビトラを処方してもらうデメリットは、費用が通販よりも高額になることです。

病院を受診した場合、薬代だけでなく、診察料や検査料がかかります。また、レビトラの処方は健康保険がきかず、全額自己負担となってしまうのです。

病院によっては診察料が無料のところもあるので、少しでも費用を抑えたいなら、そういうところで受診してみるのもいいでしょう。

病院での診察は、基本的に問診だけで済みます。問診票に服用中の薬があるかなどを記入していき、あとは医師とやり取りしたりするだけです。医師の判断で血液検査や尿検査などが行われることもあります。性器を見せたり、触診を受けるようなことはまずありません。

レビトラの購入先を比較:通販は安い、偽造薬や悪質サイトには注意

レビトラを安く購入したいのならば、通販を利用するのがおすすめです。

費用が格安

病院で購入するよりも圧倒的に安い価格で購入することができます。処方せんが不要なので、医師の診察を受ける必要はありません。わざわざ病院まで出向いていく手間も不要です。

レビトラの通販は、個人輸入を代行しているサイトで行うことができます。

個人輸入なんて名前がついているので、複雑な手続きが必要に思えるかもしれません。しかし、実際はAmazonや楽天のような一般的なネット通販で買うのと変わりません。

通販サイトでは、レビトラ自体の価格が病院よりも安価です。さらに、まとめ買いをすると、さらに費用が節約できます。個人輸入を代行している通販サイトのほとんどは、まとめ買いをすると価格が割引されるのです。

偽物に注意する

個人輸入代行サイトは安くて便利ですが、悪質サイトの存在にはくれぐれも注意しましょう。悪質サイトを利用すると、効果のない偽造薬を売りつけてくる場合があります。

通販サイトで詐欺にあっても、業者が海外にあることが多いので、ほとんどの場合は泣き寝入りを余儀なくされてしまいます。

安全にレビトラを通販するなら、口コミの調査はもちろん、「オオサカ堂」や「あんしん通販マート」など、運営歴の長い、信頼できる大手サイトを利用すると良いでしょう。

レビトラはAmazonやドラッグストアにはない!購入方法は病院か通販だけ

レビトラは医療用医薬品なので、普通の通販サイトやドラッグストアでは購入することはできません。国内で購入するなら医師の処方が必要です。それ以外の方法として、個人輸入を代行している通販サイトを利用して購入することもできます。

通販を利用すれば、レビトラを病院よりも安く購入することができますが、いくつか注意しなければならないことがあります。

まず、個人輸入が許されるのは、あくまでも個人で使う場合に限ります。購入した薬を他人にあげたり、オークションに出品したりすると、薬機法に違反することになります。

また、薬の副作用にも細心の注意が必要です。通販でレビトラを購入した場合、医師の診察を受けないので、薬の利用はすべて自己責任ということになります。通販で買ったレビトラを使用する際は、添付文書をよく確認し、自分がレビトラを使っても問題ないかよく確認しましょう。また、用法。用量は、必ず守りましょう。

病院で処方された薬が原因で重い健康被害を受けた場合、「医薬品副作用被害救済制度」により、治療費が給付されます。一方、通販で買った薬が原因で健康トラブルが起こっても、この制度を受けることはできません。

レビトラとバイアグラの比較

本当にレビトラでいいの?元祖・バイアグラと比較

レビトラの他にもED治療薬はたくさんあります。その代表格がバイアグラです。レビトラとバイアグラの2つが気になっているなら、どっちがあなたに合っているか、比べてみましょう。

バイアグラをおさらい

バイアグラとレビトラは、前者が世界初のED治療薬で、後者はその後に誕生した同じくED治療薬です。

バイアグラは、1998年に米国ファイザー社が発売しました。翌1999年に日本でも発売され、6年もの間に120万人以上に使用された実績があります。

有効成分のシルデナフィルが、PDE5という酵素の働きを阻害して、正常な勃起を促します。

ED治療薬といえばバイアグラ、というように、今や代名詞的な薬となっています。青いひし形の形状で、服用すると最低1時間、最大4時間ほど効果を発揮します。

過去に死亡事故が発生していますが、バイアグラとの因果関係は不明で、直接的な関係があるかははっきりしていません。死亡事故の男性は、持病を抱えていたとの情報があるので、これが関係している可能性があります。また、友人から譲り受けた薬を飲んだとのことで、品質などに問題はなかったか懸念されるポイントです。

服用の際には、医師の管理と説明が必要なこと、そしてリスクを理解して使用する薬です。

いずれにしても、バイアグラは世界的に使用されている実績があって、安全に使えている人が多いED治療薬なのは間違いないといえます。

レビトラとバイアグラの違い・バイアグラにはジェネリックがある

バイアグラの強みは、すでに国内の製薬会社がジェネリック医薬品が販売していることです。錠剤しか販売されていないレビトラやシアリスと比べて、工夫がされた飲みやすい製品が作られていることです。

ジェネリック医薬品とは後発薬のことで、特許が切れた医薬品をもとに作られます。成分的にはオリジナルの先発薬と同じですが、製造方法や有効成分以外の添加物などに違いがあります。期待できる効果はもとの薬と変わりません。

ジェネリック医薬品は、有効成分の開発費がかかっていないため、元の薬と効果は同じながら、より安く販売されます。

バイアグラには、錠剤の他にOD錠とフィルムタイプがあります。

バイアグラのOD錠は水なしで飲めるタイプで、口の中で溶けやすく残りにくく作られています。また、分割線が入っていて半分に割りやすく、コーヒー風味やレモン風味などの味があるのも魅力です。

一方、ODフィルムもOD錠と同じく水なしで飲めますが、フィルムタイプなので携帯性に優れます。アルミ製の防湿包装で包まれていて、使用する時はフィルムを開封して手で取り出し、舌に乗せて口の中で溶かします。

このように、バイアグラは飲みやすさの工夫が施され、使い勝手が大幅に改善されています。

即効性ならレビトラ!価格と飲みやすさならバイアグラ!併用はしないこと

即効性ならレビトラ、価格と飲みやすさを重視する場合はバイアグラがおすすめです。

レビトラは性行為の1時間前に飲みますが、最短20分で効果を発揮し始めるので、早く薬の効果を得たい時に向いています。有効成分のバルデナフィルは水に溶けやすく、速やかに吸収されて効果を発揮します。

バイアグラは早くても効果の発揮に30分は掛かりますから、この点はレビトラに譲りますが、価格は数百円ほどお得なバイアグラに軍配があがります。

レビトラは20mgタイプがおよそ1,800円、バイアグラは1,500円、バイアグラのジェネリックは1,000円です。

また、バイアグラは、水なしで飲めるOD錠とフィルムタイプがあります。

レビトラとバイアグラには、それぞれ特長があります。自分に合ったものを選ぶとよいでしょう。

レビトラとバイアグラは、併用してはいけません。どちらの薬も、血管を広げる作用があります。併用すると、血圧が下がりすぎてしまうのです。また、即効性を求めて飲み過ぎたり、お酒と一緒に飲むと、重い血圧低下が起こるので注意が必要です。

レビトラとシアリスの比較

レビトラだと効果が短い?新しいシアリスと比較

レビトラとバイアグラの他にも、メジャーなED治療薬に、シアリスという商品があります。機械も薬も新しい方が優秀なのでしょうか?比べてみましょう。

シアリスはレビトラの次に作られたED治療薬

シアリスは、レビトラの次に作られたED治療薬です。ED治療薬としては、もっとも後発になります。

シアリスの主成分は「タダラフィル」で、2003年にアメリカに本社を置く国際的な製薬会社「イーライリリー・アンド・カンパニー」が販売を開始しました。日本では、2005年に厚生労働省への承認申請が行われ、2007年から日本イーライリリーが製造、日本新薬が販売しています。

ED治療薬に共通しているのは、「PDE5阻害薬」であることです。勃起に必要な物質「cGMP」の分解を行う酵素「PDE5」の働きを阻害します。これによってcGMPが働き、血管が広がることで、ペニスに血液が溜まり、勃起できるようになるのです。

PDE5阻害薬はEDを改善するために広く使われています。一方、シアリスの有効成分であるタダラフィルは、前立腺肥大症や肺高血圧症の治療にも使われます。

レビトラとシアリスの違いは持続時間!シアリスは効果が最大36時間続く

レビトラなどの従来のED治療薬とシアリスの違いは、効果の持続時間の長さです。
シアリスの場合、最大36時間と1日以上効果を持続します。シアリスに含まれる有効成分「タダラフィル」は水に溶けにくい性質を持っています。体内でゆっくり吸収されるため、効果が長続きするのです。

レビトラやバイアグラに比べて、時間を気にしなくてよいのが特長です。金曜の夜に飲めば、効果が日曜の午前中まで続くため「ウィークエンドピル」とも呼ばれます。一方、服用から最短45分で効果が最大になるレビトラとは反対に、シアリスの効果が最大になるには3時間程度かかります。

食事の影響を受けにくいのも、シアリスの特長です。バイアグラは、食後に飲むと、有効成分の吸収が阻害され、効果が弱くなってしまいます。食事を取った場合、食後2時間は服用を待たなければいけません。シアリスには、そういった心配をする必要はありません。

時間を気にせずに楽しみたいという人は、シアリスがおすすめです。

即効性で選ぶならレビトラ!時間を気にせず楽しみたいならシアリスがおすすめ

結論から言えば、ED治療薬としては、シアリスは長時間作用型、レビトラなどは即効作用型に分類されます。

どちらも作用の仕組みは同じで、ED治療薬を使用している人にはそれぞれ使い分けて利用している人もいます。

使い方は、ED治療薬の効果をいつでも得たい場合には最大36時間の持続効果があるシアリスが向いています。一方、突発的に性交渉をするようなことになった場合には、最短20分で効果が出るレビトラが向いています。

シアリスもレビトラも、血管を広げて、正常な勃起を促す薬です。

環状グアノシン一リン酸の分解を行うPDE5の働きを阻害することで、正常な勃起を促します。

あくまで、性行為に十分な勃起ができるようになる薬です。性欲を増進させる効果はありません。そのため、ED治療薬を飲んでも、性的興奮がなければ勃起しません。

なお、レビトラやシアリスを飲むと血管が広がり、血圧が下がります。このため、血圧が不安定であったり、心臓に問題があったりする人は、副作用が起こりやすくなります。

レビトラの飲み方

レビトラのベストな飲み方・食前がおすすめ

レビトラを飲むベストタイミングは、食事の前の空腹時です。

レビトラは、先に作られたバイアグラに比べて、食事の影響を受けにくいという特長があります。700kcal程度の食事の後なら効果に影響が無いとされています。食事の量や脂ものが多いと、有効成分の吸収が阻害され、効果が弱まる恐れがあるので注意しましょう。

製造元であるバイエル製薬の公式ホームページでもレビトラのデータが公表されており、食後にレビトラを服用すると、著しく効果が下がることが分かっています。食後にレビトラを飲む場合、2時間は空ける必要があります。

1回1錠を水かぬるま湯と一緒に飲みましょう。特にぬるま湯は胃の中でレトビラが溶けやすくなり、効率的に吸収を促すのでおすすめです。

レビトラを1日に飲んでいいのは1日1回1錠です。次に服用するには最低でも24時間は間を空けることが推奨されています。1度にたくさん飲んだり、服用から24時間以内に追加で飲んだりすると、副作用のリスクが高まります。ジュースやお酒と服用すると効果が低下する可能性があるので注意しましょう。

これは体内に入ったレビトラの成分が抜けきるまでに、おおよそ24時間かかることに起因しています。

レビトラを飲むタイミングは「本番45分前」がベスト!効果は10時間続く

レビトラの効果は、服用から45分で最大になります。そのため、レビトラは本番の45分前に飲むか、レビトラを飲んでから45分ごろに本番に入るとよいでしょう。

製造元のバイエルでは、日本人健康男性にレビトラの有効成分のバルデナフィルを投与した臨床実験の結果を公表しています。10mg、20mg、40mgの錠剤を投与した結果、いずれも、有効成分の血中濃度がピークに達する時間(Tmax)はおよそ0.75時間(45分)となっています。

血中濃度とは、血液中に存在する薬の有効成分の濃度のことです。血中濃度が高いほど、薬の効果は強くなります。レビトラの有効成分「バルデナフィル」が血液中を流れ、陰茎に作用することで、正常な勃起ができるようになるのです。

用量に関わらず、効果は45分で最大になります。

レビトラの効果は、10mg錠はおよそ5時間、20mgを飲んだ場合、最大で10時間に渡って持続します。

ただし、10時間、ずっと同じ強さで効果が続くわけではありません。有効成分のバルデナフィルは、肝臓によって代謝・排出されていきます。Tmaxを過ぎると、バルデナフィルの血中濃度は徐々に下がっていきます。そのため、時間が経つにつれて、勃起効果も弱まっていくのです。

レビトラが効かない!副作用がつらい!飲み方は合ってる?

レビトラを飲んだのに効果がなかったら、飲み方を見直してみましょう。

レビトラとアルコールを飲むと、効果が弱くなったり、副作用が強くなったりします。また、脂っこい食事を摂ると、胃の中に油膜ができて有効成分の吸収が阻害され、効果が弱まる可能性があります。レビトラは、多量のアルコールを避け、空腹時に服用しましょう。

また、レビトラ10mg錠を使用して効果が出なかった場合は、20mg錠を試してみましょう。

10mg錠でも効きすぎて辛いという場合は、ピルカッターを使って半分に割って服用することも可能です。

レビトラの錠剤を割るときは、ピルカッターを使うとよいでしょう。ピルカッターは、錠剤を割るための道具です。はさみやカッターを使うよりも、安全に錠剤を半分に割ることができます。

レビトラの錠剤は、表面がオレンジ色のコーティングが施され、その中に白い粉末状の薬剤が入っています。錠剤を割ると白い薬剤が露出して外気に触れてしまうため、湿気を吸収して一気に劣化してしまいます。

レビトラをピルカッターで割った場合、使用期限は夏場では概ね2日から3日程度、冬場でもせいぜい1週間程度です。

割った錠剤は早めに使いましょう。錠剤を割ってから日にちが経ってしまうと、有効成分の効果がなくなってしまう可能性があります。

レビトラ製造中止

レビトラの製造が一時中止?原因は工場の改修工事

レビトラの製造は、2018年1月に一時中止になっていました。理由は、製造元のバイエル薬品の工場が改修工事を行うことになったためです。

なぜ需要の高いレビトラの製造を中止してまで改修工事をしたのか、理由は明かされていません。

一説には、アメリカ食品医薬品局(FDA)から、他の薬品の成分が混入している可能性を指摘されたためとされています。レビトラの製造工場では他の薬の製造も行っていたため、当時の設備では微量の粉末が混じる可能性を完全に否定できません。FDAに指摘を受けたことで、改修工事をせざるを得なかったのではないかと推測されています。

改修工事は当初、2018年5月から6月頃には終わるものと説明されていましたが、実際には、12月頃から国内のクリニックなどでも処方されるようになりました。

しかし、2019年3月になってから、再び供給停止となることがバイエルから発表されました。今回の原因は、長引いた改修工事によって、レビトラを含む様々な薬品が在庫不足に陥っており、生産が追い付かないというものです。

2019年4月現在、レビトラは供給停止中?6月には在庫がなくなる?

2019年4月現在の状況としては、レビトラの供給再開の見込みは立っておらず、6月には在庫がなくなると推測されています。

代表的なクリニックや輸入代行サイトの4月中旬の状況は、以下のようになっています。

まず、アイドラッグストアーでは5種類の全てが取り扱いが終了、または欠品中となっており、既に購入できません。

オオサカ堂ではレビトラは全て入荷待ちです。4月下旬に入荷の予定と記載されています。

あんしん通販マートには在庫があり、欠品に関する注意事項などは注文ページに記載がありません。しかし、供給が停止しているのでこちらも近いうちに他のクリニックや輸入代行サイトと同じ状況になる可能性があります。

浜松町第一クリニックでは、現在は在庫が残っていますが、供給が再開されなければ6月頃までには欠品になる見込みです。

高田泌尿器科では、レビトラの供給停止のお知らせは提示されていますが、欠品になったとの記載はありません。ただし、供給再開の見込みがないため処方は1人20錠までに制限されており、在庫がなくなりしだい処方停止になります。

レビトラが品切れになったら、レビトラのジェネリックで代用しよう

レビトラが品切れになり、どのクリニックや個人輸入代行サイトからも購入できなくなったときには、ジェネリック薬や他のED治療薬に切り替えるとよいでしょう。

ED治療薬には、レビトラの他にも、バイアグラやシアリスといった製品があります。含まれている有効成分は異なりますが、基本的な作用は変わりません。適切に服用すれば高い効果を得られます。

バイアグラはジェネリック医薬品が製造されています。シアリスはレビトラよりも効果の続く時間が長いのが強みです。

個人輸入を代行している通販サイトを利用すれば、「バリフ」「ビリトラ」といった、レビトラのジェネリック医薬品を購入可能です。これらの薬は、レビトラと同じ有効成分「バルデナフィル」が含まれており、レビトラと同じ効果を発揮します。レビトラよりも価格が安いので、金銭的に負担を感じているなら、これを期に通販を利用してみるのもよいでしょう。

レビトラだけを長く使っていた人は、この機会に他の薬も試してみるとよいでしょう。どうしてもレビトラにこだわるのであれば、在庫が残っている今のうちに入手しておきましょう。