レビトラが高額なら格安の海外製レビトラ・ジェネリックがある

レビトラのジェネリック

レビトラのジェネリックは海外でのみ販売されてる!有名な商品は「バリフ」

レビトラのジェネリック医薬品で最も有名な「バリフ」は、インドのアジャンタファーマ社が製造販売している商品です。

その他にも「ジェビトラ」はサンライズレメディ社、「ビリトラ」はセンチュリオンラボラトリーズ社と、いずれもインドの会社ばかりです。

ジェネリック医薬品は、先発薬の特許が切れたあとに作られます。一方、レビトラの特許はまだ切れていないため、本来はジェネリック医薬品の製造販売は不可能です。しかし、インドでは特殊な事情で、特殊が切れていない薬のジェネリック医薬品を製造・販売できるのです。

インドでは2005年まで、医薬品の特許に関連する法令が存在していませんでした。その時期に国内の製薬会社が先行してジェネリック医薬品を製造販売していましたが、先発薬の製薬メーカーから指摘を受けました。これに対し、インド国内の製薬メーカーは民業の圧迫であるとして反発しました。

その後、議論が積み重ねられ、2005年以前に製造販売された製品については事実上、製造・販売が許可されることになったのです。2005年以前から作られていたレビトラのジェネリック医薬品は今でも世界中で流通しています。

レビトラのジェネリックは個人輸入代行サイトで通販できる!

レビトラのジェネリック医薬品は、日本国内では認可を受けていません。そのため、Amazonなどの一般的な通販サイトや、ドラッグストアなどでは販売されていません。しかし、注文者が使用することを目的に、個人輸入代行サイトを利用すれば、合法的に通販することが可能です。

個人輸入とは、自分で使うことを目的に、海外から商品を取り寄せることです。個人輸入を使えば、海外で販売されているレビトラのジェネリック医薬品を購入することができます。

個人輸入と聞くと、手続きが難しそうな印象を受けるかもしれません。しかし、個人輸入代行を行っている通販サイトを使えば、一般的なオンライン通販サイトを利用するような感覚で買い物ができます。商品を注文したあとは業者が輸入に必要な手続きを行ってくれます。

個人輸入は、あくまで自分で使うために行うものです。転売・譲渡を目的に行うことはできません。商売や転売のための仕入れを疑われた場合には関税が科せられたり、最悪の場合は没収になったりすることもあります。

もちろんこのあたりは個人輸入代行サイトも把握しており、税関で問題とならない範囲の1ヵ月程度服用する分量に収めるなどの工夫がされています。

個人輸入を代行している通販サイトで有名なのは「オオサカ堂」や「あんしん通販マート」「アイドラッグストアー」などです。

レビトラのジェネリックは何種類ある?各商品を紹介!

レビトラのジェネリック医薬品は、様々な製品が販売されています。代表的なのは、アジャンタファーマ社の「バリフ」、サンライズレメディ社の「ジェビトラ」、センチュリオンラボラトリーズ社の「ビリトラ」などです。他にも、サバ・メディカ社の「サビトラ」、マクレオーズ社の「シルビトラ」といった製品もあります。

いずれの製品も錠剤として販売されています。また、用量はどれも20mgです。

バリフだけは、錠剤の他にも、ゼリー製剤の「バリフゼリー」が製造・販売されています。1回あたりに服用するゼリーが、アルミパックに7個封入されています。オレンジ、パイン、イチゴ、ミント、バタースコッチ、カシスのフレーバーといった味がついているのが特長です。錠剤の薬が苦手な人でも飲みやすく作られています。

このようなさまざまなバリエーションのジェネリック医薬品が存在しているのも、自由な発想で商品を開発するインドの面白さです。

また、アジャンタファーマ社では、このほかにも数多くのED治療薬のジェネリック医薬品を製造販売しています。